東大医学部受験日記
大学受験に合格できる参考書や本を紹介しています。教養として、高校の各科目が勉強できたり、勉強が楽しくなる記事や本の紹介を目指しています。ごく短い記事で、悩みや迷いやひらめきも書いています。


全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】
今日は歯医者さんへ歯石を除去しに行った(「スケーリング」という)。「スケーリング」は、たぶん「定規で目盛りが付いた物差し」という意味だと思います。定規で測るように歯を正確に客観視するという歯科衛生士さんの仕事の基本を表した専門用語だと思う。4ヶ月に1回は行くようにしています。歯は朝と寝る前の2回磨く(昼寝するときはその前も磨くようにしている)のですが、寝る前は、歯ブラシ(「システマ」)・デンタルフロス(糸ようじ)・歯間ブラシ・電動歯ブラシ(ブラウンのカップ型)と約10分くらいかけて、清掃するようにしている。30代半ばの頃は、定期的なスケーリング以外にも「歯が痛い」と言って、歯医者さんへ、よく駆け込んでいたのですが、「歯周病です」と言われて帰されることが多かったのですが、歯磨き粉を歯周病用のものに変えて(夜は「ハグキプラス」、朝は「シュミテクト」)から、そういうことも無くなっている。歯科衛生士さんと、ハミガキ粉を変えたからじゃないかと自説を主張したら、「そうかもしれませんよ」という承認を得たりもした。しかし、私が約15年通っている、この歯医者さんも、患者の高齢化と患者数の減少が感じられる。技術的にも人格的にも経験的にもスタッフ的にも優秀な歯科医院で、接客の構えも持っている歯医者さんでもこの状況である。広告宣伝の年賀状も送ってくる。みんなどこの歯医者さんへ行ってしまったのかという感じである。ライバルの歯医者さんの過当競争が激しい地域である。「歯科ではワーキングプアが発生している」と指摘する本も読んだ。『医学部 (文春新書)』という本は医学部へ行きたい人は必読本だと思う。歯の着色(ステイン)を指摘されて、歯科の電動ハブラシで除去してもらってるのだが、歯科衛生士さんから、「クリアクリーン」という研磨剤が入った歯磨き粉がいいですよと言われ、すぐドラッグストアに買いに走ったのですが、安い歯磨き粉で重宝している。電動歯ブラシ(ブラウンのカップ型)を使うときに「クリアクリーン」を使うようにしています。ブラウンのカップ型の電動歯ブラシは、歯垢を除去する能力をテレビのコマーシャルでアピールしているから、歯の着色(ステイン)やプラークを除去するのに、研磨剤が入った「クリアクリーン」という歯磨き粉とは、相性抜群だと思っている。これも、歯科衛生士さんと議論したのですが、歯周病予防のために使っている2つの歯磨き粉(夜は「ハグキプラス」、朝は「シュミテクト」)は、「研磨剤が入っていない」と指摘されたのである。私は、コーヒーを1日250cc飲むので、それが歯の着色の原因となっていたのですが、電動歯ブラシ(ブラウンのカップ型)と研磨剤が入った「クリアクリーン」の組み合わせで、目に見えた着色は、発生しなくなっている。以前、電動ハブラシは、ブラウンのカップ型とその歯科医院推奨のフィリップスの歯ブラシ型を使うか、これも歯科衛生士さんと議論したのですが、歯ブラシ型は、1回目の手による歯磨きのときに使っているから、その形状での歯ブラシは2度必要ないのではないかという点と、床などを清掃するブラシは丸型になっているという点、私の歯は歯面が大きいという点などを主張し、ブラウンのカップ型を使うべきではないかと自説を主張しました。その歯科衛生士さんは、歯の歯石の状況などから判断したのか、ブラウンのカップ型を使っていることを僕が言う前から、見抜きました。歯磨きだけでも、歯科衛生士さんと真剣に議論できるものである。



医学部 (文春新書)



ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000 ホワイト D5015132WH【Amazon.co.jp 限定・トラベルケース無し】





当ブログの管理人も利用しているリクルートのスタサプ。化学・生物・地理・数学・志望校別と何回も聴いています。プレゼンテーションと知識のまとめ方と板書が素晴らしいです。インターネット講義配信の長所を最大限に生かして、録音などせずとも、何回も聴くことができます。昔のカリスマ講師は必要ありません。







私は最近は本は「アマゾン」ではなく「bookfan PayPayモール」店で買うことが多いです。ポイントバックやクーポンで本が安く買えることが多く、クーポンとポイントバックで、最大30%引き相当で買えたこともあります。
3年前の市が実施している特定検診で、4年前の担当ドクター(専門は消化器内科とのこと)が、服用しているおクスリなどから判断したのか、「眼底検索」を写真で撮るという形で入れてくれて、その結果が、「両視神経乳頭陥凹拡大」という結果になり、この辺で、たくさんの患者を抱えている人気の開業医の眼科へ行ったところ、デジタルの眼底検査を入れてくれて、「右目のほうは大丈夫だけど、左目の方が、これが、いわゆるボーダーラインってやつで、これが進行していくと緑内障ということになり、失明ということになります」と言われました。そのときに、私の目を見た眼科のドクターが紙みたいなものを私の目に当て、「ドライアイがありますね」と指摘し、ドライアイ用の目薬を処方してくれました。薬局で、薬剤師のおばあさんに「目が痛い感じはありませんか」と言われ、「あります」と答え、目が痛い感じは私が長く苦しんでいたものだったので、ドライアイが発見されたのはラッキーなことでした。その薬剤師さんに「涙の成分は水だけではなく油の成分とかもあります」とさらに言われました。その目が痛い感じは、ドライアイ用の目薬(→涙の成分を補うもので、商品名は、ヒアレインとかヒアルロン酸ナトリウムとなっている)のおかげで解消されている。私も60歳とかまで、目が見えてるかどうかの自信もなかったりして、眼科的にも、おクスリの副作用だろうと思うが、不調を抱えている。今は、検査技術が発達して、デジテルで眼底の様子(色付きのグラデーションがある波状の画像データ)を見ることができるのが、そのときはすごいと思いましたね。デジタルでわかるだけでも、将来失明するかもという「覚悟」と「準備」ができるよね。あと、左目は「少し斜視がある」と指摘されてもいる。不調があるのは左目のほうである。左目の斜視は、メガネ屋さんで、メガネを作るときの検査で、メガネ屋さんの店員さんが指摘してくれたんですけどね。眼科も、眼科の検査全体で、データーが入力され、一元化されるのだから、昔の紙ベースでやっているころとは大違いである。「両視神経乳頭陥凹拡大」というのは、インターネットの情報だと、眼圧が高くてなる人が多いというが、「眼圧」は今のところ、正常ですと言われているので、おクスリの副作用でなっているのだろうと思っている。「半年に1回は検査入れたほうがいいぞ」と前回の眼科通院で言われたので、今日の眼科は、「ドライアイ用の目薬6本」をもらいに行くついでと、半年に1回の検査で行ったのである。検査の結果は「変わりはないようです」ということで安心ではあるが、いろんな意味で、健康な人って、うらやましいなと思いますね。医者に行くと、精神的に、体力を消耗するので、医者からの帰りに、アイスクリームやシュークリームやプリンといった、おやつで、自分にご褒美代わりに買って、家で食べるようにしている。


【関連記事】
・人気眼科はどれくらい儲かっているのか?→今日僕が行った眼科は、その市内(人口は約30万人)で、最も人気がある眼科である。今日、私は検査を含めて、約1万円払っていることになる。午後は多くても50人、午前の方が混んでいて、多くても70人が、多くても、1人1万円置いていったとしても、1日で約100万円の売り上げというところだと思う。検査技師や看護師や医療事務や送迎ドライバーなどの人を含めて20人くらいのスタッフを使っているので、1人当たり1日1万5千円の日当を払ったとして、人件費で30万円引かれ、雇われている医師の日当や雑費や広告宣伝費などを含めて、多くても、1日50万円の経費を使っているとして、1日の粗利益は少なくとも50万円といったところだと思う。それを週5日診察しているわけだから、週当たりの粗利は250万円、月当たりの粗利は1000万円とすると、年間にすると、少なくとも約1億2千万円の粗利はあると思う。





当ブログの管理人も利用しているリクルートのスタサプ。化学・生物・地理・数学・志望校別と何回も聴いています。プレゼンテーションと知識のまとめ方と板書が素晴らしいです。インターネット講義配信の長所を最大限に生かして、録音などせずとも、何回も聴くことができます。昔のカリスマ講師は必要ありません。







私は最近は本は「アマゾン」ではなく「bookfan PayPayモール」店で買うことが多いです。ポイントバックやクーポンで本が安く買えることが多く、クーポンとポイントバックで、最大30%引き相当で買えたこともあります。
「東大医学部」の派閥に「灘グループ」がない恐ろしい理由という面白いニュースを見た。鳥集徹さんは、僕が好きな医療系ジャーナリストで、勉強のまとめ方が、すごくうまい印象を受けます。灘高と比べると、私なんか県立の東京大学2~3名くらい受かれるのがやっとの進学校出身で、うらやましいと思いますね。灘中・灘高は、生徒の期待を裏切らない授業をやってくれる先生がそろっているんでしょうね。でも、どんな授業を聴いたって、到達点は同じだと思うんですよね。最近は、市販の参考書・問題集も充実してるし、リクルートのスタディサプリみたいなのもあるし、独学で、東大理3類、受かるやつが出ても、おかしくはないですよね。当拙ブログで、おなじみの葛西裕美さんなんかも、都立高校出身で、独学みたいですよね。葛西さんの『東大医学部生が教える 本当に頭がいい人の勉強法』を読めば、その様子がわかります。「医学部」って、研究開発の側面もあるから、「医局」ごとに縦に分断されてるなんて、堅苦しいことはないと私は思うんですよね。医学部に行って、各病気や理論化学や生物学に関して、ブレークスルーできる端緒を、もし得られればラッキー、と私は考えていますし、最低限でも、医学や研究開発の正しい知識を得られればと思っています。



東大医学部生が教える 本当に頭がいい人の勉強法




当ブログの管理人も利用しているリクルートのスタサプ。化学・生物・地理・数学・志望校別と何回も聴いています。プレゼンテーションと知識のまとめ方と板書が素晴らしいです。インターネット講義配信の長所を最大限に生かして、録音などせずとも、何回も聴くことができます。昔のカリスマ講師は必要ありません。







私は最近は本は「アマゾン」ではなく「bookfan PayPayモール」店で買うことが多いです。ポイントバックやクーポンで本が安く買えることが多く、クーポンとポイントバックで、最大30%引き相当で買えたこともあります。
「様々なうつ」というのがあるよね。「受験勉強をやってての勉強のスランプ」なんていうのも、その1つだよね。医学部に行ければ、そういうのに対処する技術が学べるかもしれない・・・。




当ブログの管理人も利用しているリクルートのスタサプ。化学・生物・地理・数学・志望校別と何回も聴いています。プレゼンテーションと知識のまとめ方と板書が素晴らしいです。インターネット講義配信の長所を最大限に生かして、録音などせずとも、何回も聴くことができます。昔のカリスマ講師は必要ありません。







私は最近は本は「アマゾン」ではなく「bookfan PayPayモール」店で買うことが多いです。ポイントバックやクーポンで本が安く買えることが多く、クーポンとポイントバックで、最大30%引き相当で買えたこともあります。
休憩にコーヒーを飲む。コーヒーの本は何冊か持っているが、コーヒーに以下のような効果が本当にあるなら、うれしいところではある。コーヒー(→私は、ノンカフェインです。いつもスターバックスのデカフェブレンドを飲んでいます)を飲むと、気分が落ち着くというのはあると思う。リッチな気分になったりね。気分を落ち着かせる脳の神経が動いたり、何らかの成分(セロトニンとか)が脳内で、分泌されてるからだろうか。水を飲むのとは明らかに違うのは確かだと思う。


【関連記事】
・コーヒーと脳科学



珈琲一杯の薬理学



コーヒーの処方箋




当ブログの管理人も利用しているリクルートのスタサプ。化学・生物・地理・数学・志望校別と何回も聴いています。プレゼンテーションと知識のまとめ方と板書が素晴らしいです。インターネット講義配信の長所を最大限に生かして、録音などせずとも、何回も聴くことができます。昔のカリスマ講師は必要ありません。







私は最近は本は「アマゾン」ではなく「bookfan PayPayモール」店で買うことが多いです。ポイントバックやクーポンで本が安く買えることが多く、クーポンとポイントバックで、最大30%引き相当で買えたこともあります。
昨日近くの、関東にしては、なかなかいいお湯が出ていると思っているスーパー銭湯へ行ったのですが、いろんな体格を持った人がいるなあと思いました。私と同じ中年では、太った人、中肉中背だが、脂肪が背中や太ももやおしりに目立つ人、痩せているというか痩せすぎの人などが色々な体格を持った人がいると思いました。あと、おじいさんでも、整形外科的に足の動きが悪くなっている、歩いてて、危なっかしい、高齢のおじいさんもいました。『長生きしたければ朝食は抜きなさい―体の不調を根本から改善する驚異の「甲田式健康法」とは (KAWADE夢新書)』(甲田光雄)では、健康長寿な人は、体が柔らかい人が多いという声が一般の開業医レベルの医師からあがっているという話を読み、若いころからのストレッチ、たとえば、若いころは、陸上で鍛えたなんていう高齢者は有利なのではないかと思いました。
また、野球の野村克也監督は、入浴中に亡くなったと聞いているので、あまりに高齢者の温泉への入浴は怖いのではないかと思いました。
スーパー銭湯へは、当日や翌日にスカッとした感じが出るので、日々の平坦な日常に変化をつけるには、とても良いものだと思っていますが、一方で、中年や老人では危ない側面もあると思いました。
スーパー銭湯に行くのが楽しみなんて、オヤジですね(苦笑)。


長生きしたければ朝食は抜きなさい―体の不調を根本から改善する驚異の「甲田式健康法」とは (KAWADE夢新書)

【関連記事】
・長野県の日帰り温泉(穂高地方)と関東のいい湯が出ているほうのスーパー銭湯の違い→インドメタシン10mgとインドメタシン2.5mgの違いに似ている→長野県の日帰り温泉(穂高地方)の方がよく効くということ。私の体験談なのですが、長野県で仕事をしていたとき、足が腱鞘炎になってしまったのですが、長野県の日帰り温泉(穂高地方)に行ったら、入浴した、その当日にピシャッと良くなりました。関東近辺のスーパー銭湯では、それは無理であった。私は、スポーツをやっているので、近くのそのスーパー銭湯には、筋肉や腱を癒やす、ケガ防止のために行っているという側面もあります。
・スーパー銭湯へ行った翌日って、顔の目つきを鏡で見ると、スカッとしたという目つきになっているような気がする。
・温泉の整形外科的な効能や脳科学的な効能も馬鹿にできなくなっているのではないか?
・スーパー銭湯はスポーツだ!
・病気が全部治る温泉でもあればなぁ・・・。




当ブログの管理人も利用しているリクルートのスタサプ。化学・生物・地理・数学・志望校別と何回も聴いています。プレゼンテーションと知識のまとめ方と板書が素晴らしいです。インターネット講義配信の長所を最大限に生かして、録音などせずとも、何回も聴くことができます。昔のカリスマ講師は必要ありません。







私は最近は本は「アマゾン」ではなく「bookfan PayPayモール」店で買うことが多いです。ポイントバックやクーポンで本が安く買えることが多く、クーポンとポイントバックで、最大30%引き相当で買えたこともあります。
基本的に、医師会側が指摘するとおり、問題があると思いますね。たとえば、サラリーマンを引退した60歳の人が、医学部を受けて、点数は足りているのに、不合格になったことがあって、60歳の受験生の人が照会したところ、「60歳の人が医学部を受けて合格してどうするのですか。医師は社会に出て、活躍しなくてはいけないのです。60歳の人が医学部へ行って、医師になりたいといっても、卒業して66歳で、あと何年間、社会に出て、医師として活躍できるのですか。常識で考えてください」と医師会側は言うんですよね。まあ、本当にその通りだなとは思うのですが、その前の経歴など色々な人がいるから、一概には言えないですよね。このまえ、医学部の点数操作が問題になりましたが、すごく良いことだと私は思います。医師になる適性がない者が、医師になったら、社会が損しますからね。加えて、専門外の門外漢からの感想ですが、最近は、医学部プロパーの人って、総花的になっちゃって、あまり研究開発という点で、結果を出してないような気がしますよね。理工学部とか生物学とかの研究者や理工学の実務家のほうが、結果を出しているような気がするんですよね。




当ブログの管理人も利用しているリクルートのスタサプ。化学・生物・地理・数学・志望校別と何回も聴いています。プレゼンテーションと知識のまとめ方と板書が素晴らしいです。インターネット講義配信の長所を最大限に生かして、録音などせずとも、何回も聴くことができます。昔のカリスマ講師は必要ありません。







私は最近は本は「アマゾン」ではなく「bookfan PayPayモール」店で買うことが多いです。ポイントバックやクーポンで本が安く買えることが多く、クーポンとポイントバックで、最大30%引き相当で買えたこともあります。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ 東大医学部受験日記 allrights reserved.