東大医学部受験日記
大学受験に合格できる参考書や本を紹介しています。教養として、高校の各科目が勉強できたり、勉強が楽しくなる記事や本の紹介を目指しています。ごく短い記事で、悩みや迷いやひらめきも書いています。


全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】
そう言われてみれば、私の勉強遍歴は、わからないことを克服する形で進んできました。まったく最初はわからなかった、理論経済学や法学なんていうのもそうでした。理論経済学も、結局、最後は、「国家公務員採用1種試験(経済職)」に合格するという形で結実しました。コンピューターが好きで入ったプログラマーの世界も、自分には向いてないんじゃないかと最初は思えるくらい、わからなかったことがわかるようになって仕事としてきました。コンピューターの勉強も、試験的には、国家資格である「基本情報処理技術者試験」と「応用情報処理技術者試験」に合格するという形で結実しました。コンピューターの資格試験には民間のベンダー試験にも実務で「使える」と思われる範囲内の資格試験には受かってきました。高校化学もそうなって、医学部合格に結びついたら大変、喜ばしいことである。高校化学に関しては、東京大学の医学部に公立高校から現役合格した、記憶することに天才的な人(葛西祐美さん)は、「以下の本1冊で大丈夫です」なんて言ってたけど、私にはそれはできそうもない。でも、もしかすると、それよりも、解説が丁寧な本を何回も読んでるうちに、僕も以下の本だけで大丈夫になるのかもしれない。そうなる日を夢見て、頑張るしかない。苦手科目の克服法は、①何回も重ねて読むこと→ときには一気に、ときには少しずつ②問題を解くことの2つだ。これは間違いない。



理系大学受験 化学の新研究 改訂版



東大医学部生が教える 本当に頭がいい人の勉強法
関連記事





当ブログの管理人も利用しているリクルートのスタサプ。化学・生物・地理・数学・志望校別と何回も聴いています。プレゼンテーションと知識のまとめ方と板書が素晴らしいです。インターネット講義配信の長所を最大限に生かして、録音などせずとも、何回も聴くことができます。昔のカリスマ講師は必要ありません。







私は最近は本は「アマゾン」ではなく「bookfan PayPayモール」店で買うことが多いです。ポイントバックやクーポンで本が安く買えることが多く、クーポンとポイントバックで、最大30%引き相当で買えたこともあります。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ 東大医学部受験日記 allrights reserved.