東大医学部受験日記
大学受験に合格できる参考書や本を紹介しています。教養として、高校の各科目が勉強できたり、勉強が楽しくなる記事や本の紹介を目指しています。ごく短い記事で、悩みや迷いやひらめきも書いています。


全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】
3年前の市が実施している特定検診で、4年前の担当ドクター(専門は消化器内科とのこと)が、服用しているおクスリなどから判断したのか、「眼底検索」を写真で撮るという形で入れてくれて、その結果が、「両視神経乳頭陥凹拡大」という結果になり、この辺で、たくさんの患者を抱えている人気の開業医の眼科へ行ったところ、デジタルの眼底検査を入れてくれて、「右目のほうは大丈夫だけど、左目の方が、これが、いわゆるボーダーラインってやつで、これが進行していくと緑内障ということになり、失明ということになります」と言われました。そのときに、私の目を見た眼科のドクターが紙みたいなものを私の目に当て、「ドライアイがありますね」と指摘し、ドライアイ用の目薬を処方してくれました。薬局で、薬剤師のおばあさんに「目が痛い感じはありませんか」と言われ、「あります」と答え、目が痛い感じは私が長く苦しんでいたものだったので、ドライアイが発見されたのはラッキーなことでした。その薬剤師さんに「涙の成分は水だけではなく油の成分とかもあります」とさらに言われました。その目が痛い感じは、ドライアイ用の目薬(→涙の成分を補うもので、商品名は、ヒアレインとかヒアルロン酸ナトリウムとなっている)のおかげで解消されている。私も60歳とかまで、目が見えてるかどうかの自信もなかったりして、眼科的にも、おクスリの副作用だろうと思うが、不調を抱えている。今は、検査技術が発達して、デジテルで眼底の様子(色付きのグラデーションがある波状の画像データ)を見ることができるのが、そのときはすごいと思いましたね。デジタルでわかるだけでも、将来失明するかもという「覚悟」と「準備」ができるよね。あと、左目は「少し斜視がある」と指摘されてもいる。不調があるのは左目のほうである。左目の斜視は、メガネ屋さんで、メガネを作るときの検査で、メガネ屋さんの店員さんが指摘してくれたんですけどね。眼科も、眼科の検査全体で、データーが入力され、一元化されるのだから、昔の紙ベースでやっているころとは大違いである。「両視神経乳頭陥凹拡大」というのは、インターネットの情報だと、眼圧が高くてなる人が多いというが、「眼圧」は今のところ、正常ですと言われているので、おクスリの副作用でなっているのだろうと思っている。「半年に1回は検査入れたほうがいいぞ」と前回の眼科通院で言われたので、今日の眼科は、「ドライアイ用の目薬6本」をもらいに行くついでと、半年に1回の検査で行ったのである。検査の結果は「変わりはないようです」ということで安心ではあるが、いろんな意味で、健康な人って、うらやましいなと思いますね。医者に行くと、精神的に、体力を消耗するので、医者からの帰りに、アイスクリームやシュークリームやプリンといった、おやつで、自分にご褒美代わりに買って、家で食べるようにしている。


【関連記事】
・人気眼科はどれくらい儲かっているのか?→今日僕が行った眼科は、その市内(人口は約30万人)で、最も人気がある眼科である。今日、私は検査を含めて、約1万円払っていることになる。午後は多くても50人、午前の方が混んでいて、多くても70人が、多くても、1人1万円置いていったとしても、1日で約100万円の売り上げというところだと思う。検査技師や看護師や医療事務や送迎ドライバーなどの人を含めて20人くらいのスタッフを使っているので、1人当たり1日1万5千円の日当を払ったとして、人件費で30万円引かれ、雇われている医師の日当や雑費や広告宣伝費などを含めて、多くても、1日50万円の経費を使っているとして、1日の粗利益は少なくとも50万円といったところだと思う。それを週5日診察しているわけだから、週当たりの粗利は250万円、月当たりの粗利は1000万円とすると、年間にすると、少なくとも約1億2千万円の粗利はあると思う。

関連記事





当ブログの管理人も利用しているリクルートのスタサプ。化学・生物・地理・数学・志望校別と何回も聴いています。プレゼンテーションと知識のまとめ方と板書が素晴らしいです。インターネット講義配信の長所を最大限に生かして、録音などせずとも、何回も聴くことができます。昔のカリスマ講師は必要ありません。







私は最近は本は「アマゾン」ではなく「bookfan PayPayモール」店で買うことが多いです。ポイントバックやクーポンで本が安く買えることが多く、クーポンとポイントバックで、最大30%引き相当で買えたこともあります。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ 東大医学部受験日記 allrights reserved.