東大医学部受験日記
大学受験に合格できる参考書や本を紹介しています。教養として、高校の各科目が勉強できたり、勉強が楽しくなる記事や本の紹介を目指しています。ごく短い記事で、悩みや迷いやひらめきも書いています。


全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】
高校化学を克服する上でのネックの1つが「化学反応式が書けるかどうか」である。スタサプの坂田薫講師は、「化学反応式は覚えるものではなくて、作るもの」と言っていますが、高校化学を勉強する3周目・4周目・5周目くらいまでは、化学反応式は、「なるほどね」という感じで、さらりと見るだけで、通り過ぎて、もし、「化学反応式は覚えるものではなくて、作るもの」と言えるようになったら、ラッキーだし、元素記号や化学反応式は、B6カードにして、まとめて、自然に覚えられるようにしてもいいよね。Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 32GB ブラック 電子書籍リーダー + Kindle Unlimited(3ヵ月分。以降自動更新)の無料本で、中学レベルだけど、『ピンポイント苦手単元克服シリーズ 化学反応式』という本を見つけたので、メモしておく。わかりやすい本ではあるが、これくらいなら、中学レベルで、覚えて書けるかどうかはともかく、僕でも理解できる。だから、高校レベルの化学反応式も、この延長に過ぎないということですかね。となると、やはり、高校レベルも、化学反応式は、覚えるものですかね・・・。化学の問題って、いったい、どうやって覚えているのかという問題がセンターレベルでも散見されるよね。たとえば、『イラストでサクサク覚える 東大生の元素ノート』に出てくるセンター試験の過去問題なんかもそうだよね。どうやって、覚えているのだろうと思うよね。慣れるしかないのかなあ。5周目くらいまでは、通り過ぎて、最後は、過去問題から、B6カードにして、覚えてしまうのがいいかね。今は、雲をつかむような話でも、センター試験でも、共通テストでも、同じところが繰り返し、聞かれてるに決まってるよね。

【関連記事】
・中学理科と高校理科の接続→高校理科は中学理科の延長か、それとも、かなりのギャップがあるか。(物理・化学・生物・地学)



ピンポイント苦手単元克服シリーズ 化学反応式



イラストでサクサク覚える 東大生の元素ノート



Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 32GB ブラック 電子書籍リーダー + Kindle Unlimited(3ヵ月分。以降自動更新)

関連記事





当ブログの管理人も利用しているリクルートのスタサプ。化学・生物・地理・数学・志望校別と何回も聴いています。プレゼンテーションと知識のまとめ方と板書が素晴らしいです。インターネット講義配信の長所を最大限に生かして、録音などせずとも、何回も聴くことができます。昔のカリスマ講師は必要ありません。







私は最近は本は「アマゾン」ではなく「bookfan PayPayモール」店で買うことが多いです。ポイントバックやクーポンで本が安く買えることが多く、クーポンとポイントバックで、最大30%引き相当で買えたこともあります。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ 東大医学部受験日記 allrights reserved.